一日乗馬

  • 2009/08/25(火) 20:29:10

8月16日

本日はオルホン渓谷を馬で散策!目的地はEight Lakes(モンゴル名聞き取りできず)昨日泊まったオルホン滝のゲルから約60km。とりあえず馬に跨がり、人生二度目の乗馬体験スタート〜




本日は宿泊施設が手配されておりません。通常は遊牧民の方達にゲルを貸してもらい、宿泊するらしいのですが、遊牧民は同じ場所に長期間とどまりませんので、ゲルがない場合はテントステイとのこと。まぁ・・・なんというツアーなんだ・・・(苦笑

色んな意味でのもしもツアーズ。この他にも色々と驚かされることがありましたが、ここは日本じゃないので、オープンマインドで楽しもう。

乗馬開始から約2時間。雨が降り、寒さが少し厳しくなって来た。

8月はモンゴルで平均気温が最も高い月なんですが、平均気温が15度〜20度の間。また、ステップ気候というのは天候及び気温が非常に激しく変化します。10時頃は快晴/30度を超える暑さで、半そで/半パンでウロウロしていると10分後には雨が振り出し気温が10度ちょっとになったりします。
ちなみに緯度的には北海道稚内とほぼ同緯度。標高が高く、風を遮る木のない稚内と思って頂ければ大体のイメージはつくかな?

我が馬、スペシャルウィーク号は大変な怠け者でして、いくら声をかけても、何をしても自分のペースを崩しません。もちろん非常に遅く、すぐに先頭集団から離れてしまい、タラタラタラタラ歩いて、しばらくすると馬ガイドの青年が先頭から手助けにやってき、なんとか早歩きで先頭集団に追いつく・・・ということを繰り返しながら目的地を目指します。


少し鼻水を垂らしながらキャンプ地に到着。(遊牧民達は移動してしまっていました。)

夜はテント設営/キャンプファイヤー。




乗馬はふくらはぎとお尻が痛くなります。長時間の乗馬をされる際にはご注意下さい。



ランキング参加中
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
クリックよろしくお願いします!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する